【アロマ図鑑】ラベンダーの効能や使い方

エッセンシャルオイル図鑑

ラベンダーのプロフィール

万能アロマ!ザ・王道「ラベンダー」をご紹介致します。

精油データ

  • 原料植物名:ラベンダー Lavender
  • 和名:ラベンダー
  • 学名:Lavandula angustifolia / Lavandula vera / Lavandula officinalis
  • 科名:シソ科
  • 種類:低木
  • 原産地:フランス、オーストラリア、スペイン、ブルガリア
  • 抽出部位:花、葉
  • 精油製造法:水蒸気蒸留法
  • 主な成分:酢酸リナリル、リナロール、ラバンジュロール(特徴成分)、酢酸ラバンジュリル

どんな香り?

ミドルノート。

スッキリとしたフローラルな香り。

ほとんどのエッセンシャルオイルと相性が良い。

ラベンダーの効能、作用

心への作用

  • 体のリズムや自律神経のバランスを整える
  • 感情全体のバランスを取り、心を落ち着かせる
  • 寝つきを良くする

鎮静作用」「自律神経調節作用」「安眠作用」など…

体への作用

  • 患部を冷やし、炎症を抑える
  • 神経系の緊張の緩和
  • 殺菌、抗ウイルス作用による感染症予防

細胞成長促進作用」「抗炎症作用」「免疫賦活作用」など…

皮膚への作用

  • 優れた皮膚の修復作用がある
  • 脱毛の予防にも効果があると言われている

抗炎症作用」「細胞成長促進作用」など…

おすすめの使用法

あらゆる使用法で使用可能です。

  • トリートメント法…ストレスで緊張した心身をリラックス
  • 沐浴法…寝つきをよくしたい時
  • 芳香浴…寝つきをよくしたい時、風邪予防に

植物の特性

高さ1mの耐寒性の低木、芳香のある花穂が初夏に開花する。

フランスやブルガリアが主な産地。

微生物がいない、痩せた土を好む。

ヒストリー

学名の「Lavandula」はラテン語の「lavo(洗う)」や「lividus(青みがかった鉛色)」に由来する。

古代ローマ人はラベンダーを入れて沐浴を楽しんでいたと言われている。

品種改良が盛んに行われ、交配種も生じやすいため、多くの品種がある。

ラベンダーを試してみたい!

当店でもお取り扱いがございます。

ラベンダー精油 5ml
フランス産のラベンダーを使用しており、スッキリとしたフローラルな香りでリラックス。・心への作用感情全体のバランスを取ってくれて心を落ち着かせ、穏やかな気分にさせてくれます。夜寝る前の使用が効果的です。…
ラベンダー精油 10ml
フランス産のラベンダーを使用しており、スッキリとしたフローラルな香りでリラックス。・心への作用感情全体のバランスを取ってくれて心を落ち着かせ、穏やかな気分にさせてくれます。夜寝る前の使用が効果的です。…

コメント

タイトルとURLをコピーしました